eDeaf

eDeafは、聴覚障害者への訓練を通じて、聴覚障害者が生産的な生活を送り、仕事につけるようにすることを支援する組織です。2012年にスプーア&フィッシャーは、eDeafへの支援を始め、支援の一環として事務所施設を提供しています。エンパワーメントセンターがスプーア&フィッシャーのハウテン州センチュリオン事務所内に設けられています。eDeafは、以下のトレーニングを聴覚障害者に提供しています。

  • 成人教育およびトレーニング
  • 南アフリカ式手話
  • 聴覚障害に関する啓蒙活動
  • ブリッジングプログラム(作成中)
  • 小売および卸売事業

スプーア&フィッシャーでは、数人の聴覚障害者がデータ部門とスキャン部門で働いており、eDeafと協力して、聴覚障害を持った社員にIT技術を習得させるために、1年間のマイクロソフト研修コースを受講させています。聴覚障害者とのコミュニケーションの重要性の観点から、専門職を含むスプーア&フィッシャーの社員に手話トレーニングを実施しています。